30歳独身男性会社員のセフレ体験

彼女がいてセックスもたまにしていますが、もっとエロい女性といっぱいエッチをしたくてたまりません。
セフレ募集でもしたら欲求も満たされるかと思い、『出会い セフレ』とインターネット検索して見つけた出会い系サイトを利用してみることにしました。
とは言えそう簡単にセフレができるほど、世の中の女性も甘くないと思っています。

そこで出会い系でセフレを見付けた親友にも、セフレの作り方のアドバイスをしてもらいました。
いきなりセフレ探ししていると思われると、女性に引かれてしまうそうなので気をつけることにします。
最初はいかにも普通の出会いを求めている感じで、女性達にコンタクトしてみました。

パソコンの前で女性からの返事を待つ時間は苦痛でしたが、連絡が来た時の喜びは例えようがないほど嬉しかったです。
相手の女性は27歳の図書館で働いている女性。
しばらくは下心は封印して、楽しいメールのやり取りをするように努めました。

数日間のやり取りで彼女との距離感が縮まってきたと感じ、試しにエッチな内容のメールも送ってみました。
彼女もエッチな内容で返信してきてくれたので、イケると判断した私は一度会ってみたいという旨のメールをしてみます。
少しは躊躇してしまうかと覚悟はしていましたが、彼女からの返事はありがたいことに「私も今すぐにでも会いたいです!」でした。
週末に初めて彼女と会ってみることになり、期待と不安が交錯する日々を過ごしました。

待ち合わせ当日、なかなか美しい女性が目の前へとやって来ました。
言葉遣いも丁寧で、とてもおとなしそうな女性です。
こんな女性がもしセフレになってくれたら申し分ありません。

一緒に食事をした後、近くの公園でデートをすることに。
大きい観覧車があったので乗ることになり、密室の中で自然とキスを交わしていました。
軽く彼女の胸を触ってみても嫌がるそぶりを見せないので、ホテルへ行かないかと誘ってみます。
彼女は少し恥ずかしそうにしながらも、「はい。行きましょう!」と了承してくれました。

ホテルに入ってしまえば、後は自分が持っているテクニックを駆使して、彼女をメロメロにしてしまうだけです。
濃厚なディープキスをしたら、時間をたっぷりと掛けて彼女の全身を愛撫します。
クリトリスをピンポイントで攻めると、彼女は体を震わせて何度もイッてしまいました。

彼女が「もうこれ以上無理です」と言ってもクリトリスへの刺激は止めず、乳首を触ったり穴の中に指を突っ込んでさらに攻めます。
すると耳が痛くなるほどの大きな絶叫と共に、体が大きく揺れてピクピクしていました。
全身が敏感になっている彼女に大きさが自慢のペニスを挿入すると、彼女は焦点の合っていない目をしながら必死に舌を絡めてきます。
私が突くだけで彼女は更にイキまくり、自ら腰を動かしている姿はもはや淫乱な女性でしかありません。
出会い系に彼女がいた理由がよく分かったような気がします。

彼女と出会ったばかりで快楽を与え続けた結果、その日は彼女が私のペニスを離してくれずホテルで延長を繰り返しセックスをしまくりました。
翌日以降も関係は続いていて、お互いの性欲を満たし合う毎日です。
彼女は私のペニスが欲しくてたまらないと毎日言っていますし、呼べばいつでも来てペニスを咥えたり自ら股を開いてくれます。

こんなにも簡単にセフレが見付かってしまう社会に対して、驚きと戸惑いを感じずにはいられません。
それでも淫乱で素敵なセフレが見付かったので、満足感と達成感で私の人生は満たされています。